FALKTALE ARTS THEATER 劇団 民話芸術座

日本全国の小・中学校での巡回公演を中心に、子どもはもちろん大人も楽しめる芝居創りを続けています。

トップ > 巡回公演作品 > 花咲き山

民話劇 花咲き山

【上演時間 ⁄ 75分】

▼ ものがたり  |  ▼ CM映像

やさしいことをすれば花が咲く。ひとに親切にすると、花が咲く。
この花咲き山に咲く花は、どんなものより綺麗だべ…。

ものがたり

花咲き山。それは、優しい心が咲かせた美しい花の咲き誇る山。誰かが優しいことをした時に咲く花、誰かが親切なことをした時に咲く花、
優しさから生まれる沢山の花は、そこに美しく咲いていた。その山には、やまんばとその仲間の妖怪たちが住んでいた。道に迷う者があれば帰り道を教えてやり、山賊が悪さをすれば村人を助けてやる、心やさしい妖怪たち。

ある日、麓に住む優しい娘“あや”は、山菜取りに山へ出かけた。背負い籠いっぱいにして帰ろうとすると、急にあたりが暗くなって帰り道がわからなくなった。そこに突然現れる花咲き山。そして、やまんばたち。やまんばはあやに人の優しさから生まれる花の話をしてやった。
あやの咲かせた可愛らしい赤い花、赤ん坊が咲かせた小さな青い花、あやの父親・茂作が咲かせた沢山の美しい花の話を…。
「もっともっときれいな花を、この花咲き山に咲かせたい」あやは、心からそう思った。

麓の村では、秋祭りの準備で賑わっていた。しかし、強欲で傲慢な庄屋は米の不作を理由に祭りを禁じてしまう。
そして、あやの家の隣に住む“太平”と、その娘“さき”に…。家族や友達、村のみんなのために笑顔を絶やさないあや。
その素直な優しさが、大切なものを見失ってしまった人々の心を溶かしてゆく。

花咲き山 舞台写真

あやの人を思う優しさが、みんなの心に美しい花を咲かせます。

お問い合わせフォームはこちら 資料請求フォームはこちら

CM映像

ページのトップへ戻る